昭々を以て人をして昭々ならしむ|12月9日のことです。

Release: 2018/12/09 Update: 2018/12/09
Pocket

昭々を以て人をして昭々ならしむ

賢者は其の昭々を以て人をして昭々ならしむ。今は其の昏々を以て日をして昭々ならしむ。(尽心下二十章)

けんじゃはそのしょうしょうをもってひとをしてしょうしょうならすむ。いまはそのこんこんをもってひとをしてしょうしょうならしむ。(じんしんにじゅっしょう)

【訳】
昔の賢者は(必ずまず自分の徳を修め、それから後)自分の明らかな徳で他者を導いて、明らかにした。今の人は(自分の徳を修めることさえせず)自分は道義に暗いくせに、他者を導いて明らかにしようとしている。

12月9日、孟子一日一言の言葉です。

たくさんの講師の先生を見てきましたが、たしかにともなっていない人もいると思います。

自分もそんな一人かもしれませんね。

自分が出来ていないことを他人に行えというのはこくというものです。

まずは自分出来て初めて他人に言える。

そうでなければ人もまたすぐに気づくものです。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください