書は心画|9月12日のことです。

Release: 2018/09/12 Update: 2018/09/12
Pocket

書は心画
書は心画です。心の絵であり、心操の投影です。書道は、書を上手に書くようになろうというのでなくして、書という形象を一つの容器として、その書を紙の上に書いて、そこにあらわれている我が心を直していくのです。
今申し上げることがもし真実と致しましたら、一体どうなるのでしょうか。あくまでこのところに現れている自分の心を真からいたわり、育み、いとおしみ、愛してゆかねばなりません。
なにごとによらず愛さなくては、けっして良くなるものではありません。
9月12日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。
書というものも奥が深いと感じます。
自分自身、書や歌にあまり興味はありませんが、
世の中の芸術というのはそのような心の現われが
人に伝わるような作品が感動を呼ぶのでしょうね。
芸術もそのような目線で見るべきということでしょうね。
今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます
HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください