株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2019/02/26 Update: 2019/02/26

歯に如くはなし|2月26日のことです。

Pocket

歯に如くはなし

郷党は歯に如くはなし。(公孫丑下二章)

きょうとうはしにしくはなし。(こうそんちゅうげにしょう)

【訳】
世間では重ねた年齢が最も尊ばれる。

〇松陰は、「孟子」の「三尊(爵位・年齢・道徳)」に関して、当時の長州藩士の風潮を、「爵位の尊さは知っているが、道徳の大切さを知らない。道徳の大切は知っていても、年齢を重ねた老輩・長者の尊さを知らない」と嘆いている。

孟子一日一言、2月26日の言葉です。

年齢を尊ぶこと。

権威よりも、道徳よりも、大事。

実際最近の日本の状態はどうでしょうか。

日本の経済発展を支えた年齢層が上がっていきだんだん高齢となっている。

実際メディアは問題点ばかりをあげているかもしれませんね。

もっと尊重することをしなければなりませんね。

今日も一日がんばります。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください