為すあらんとする者は|3月10日のことです。

Release: 2018/03/10 Update: 2018/03/10
Pocket

顔淵曰く、「舜何人ぞや、予れ何人ぞや」と。為すあらんとする者は亦是くの若し。(滕文公上首章)

がんえんいわく、「しゅんなんびとぞや、われなんびとぞや」と。なすあらんとするものはまたかくのごとし。(とうぶんこうじょうしゅしょう)

【訳】
(孔子の弟子)顔淵は、「舜はいかなる人間であろうか。私はいかなる人間であろうか(同じ人間である。それならば、努力さえすれば舜のようになれない道理はない)」といったという。何事かを成し遂げようとする人物は、誰でもこうあるべきである。

孟子一日一語、3月10日の言葉です。

顔淵さんのように考えられる心が大切ですね。

だれどもどこからでも変わっていけると教わりました。

今の徳目も「できる」ということを徹底的にやっています。

いつでもできる思考でいればいつかできるかもしれません。

否定では何も解決しませんね。

できると考えたいものです。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください