株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2019/03/14 Update: 2019/03/14

王者の師|3月14日のことです。

Pocket

王者の師

王者起るあらば必ず来りて法を取らん。是れ王者の師たるなり。(滕文公上三章)

おうじゃおこるあらばかならずきたりてほうをとらん。これおうじゃのしたるなり。(とうぶんこうだいさんしょう)

【訳】
(国家をきちんと経営していれば)王者が起こった時には、必ず(滕国に)やってきて、そのやり方を手本とするであろう。これは(自らは王者とならなくても)王者の師となるというものである。

〇松陰は、「君子が政治を行う際には、それが自国のためだけではなく、天下後世の手本となるようなものであることが必要である」と記している。

3月14日の孟子一日一言、今日の言葉です。

未来、将来を思うことが大切なんでしょうね。

どうしても今だけに囚われる。

10年、20年となった時どう社会は変化していくのか。

その時にどう行動すべきか。

後世のためになにか残るものをと考えることも大切ですね。

今日も一日がんばります。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください