真実の力|2月22日のことです。

Release: 2018/02/22 Update: 2019/01/12
Pocket

2月22日、丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)の今日の言葉です。

誰にわかるもの、誰にでも良いもの。どこで見ても美しいもの、万人が好きになれるもの、これは人間の真情に触れたものということである。
広く読まれる小説が傑作であり、あまねく愛好せられる絵画、誰にも気持ちのよい建築、すべての人々の琴線に触れるもの、それが良いものであることはいうまでもない。
人は、真実に打たれる、ただまことに動かされる。

人気のある商品というのはいうまでもなく人々に認められた商品です。

しかも、今のSNSの浸透した時代は特にそういうことがいえるかもしれません。

上手にSNSを使うことも今は必要かもしれませんね。

しっかり自分で調べて真実を知ることもできる時代ですから。

真実は一つです。良いものはよい。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください