祖先まつり|8月15日のことです

Release: 2019/08/15 Update: 2019/08/15
Pocket

祖先まつり

親子の愛情は、古今東西変わりなく、人と人とのタテにしっかと結び合わせる力である。
この愛情は、さかのぼっては、祖父母、曾祖父母・・・と、ずっと祖先へいたり、ついに人類の始原に至る。
祖先まつりは、こうした愛情によって、年々家々に行われるのである。
さらに下っては子孫に及び、一家百年の計をたてようとする。
これが家庭をタテに貫く一筋の強い流れとなって、悠久の過去から永遠の未来へと続く。

8月15日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

今日も墓参りですね~。

実際日々の忙しい生活の中では強く考えるのはお盆くらいのものです。

自分が今ここにいられるのもタテの強い流れがあるからです。

呼び方はいろいろ違っても先祖を思う大事な期間ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください