私のための仕事|12月25日のことです。

Release: 2018/12/25 Update: 2018/12/25
Pocket

私のための仕事

ある女性は、会社に勤めて、毎日同じことを繰り返している。
もう辞めようと決しての帰りの電車の中で目についた雑誌の記事によって、すべてが我が心の反映であることを読み、電気を打たれたごとく感動した。
翌日の事務室は、すべての人の好意が、皆わが上にそそがれているとしか思われぬ。その受持ちの仕事は、ただ私のために会社が特に設けてくれた仕事としか思われぬ。
そして他に求めるところが無くなった。

12月25日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

人の心は一瞬にして変わるということがあります。

日々色々なものにアンテナを張っていなければなりませんね。

不平不満はすべて自分の考え方で変えられるものです。

そういうことに気づけたこの女性はきっと会社にも認められていくでしょうね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください