絶妙の調和|8月9日のことです。

Release: 2018/08/09 Update: 2018/08/09
Pocket

絶妙の調和

世の中は、一個の生物のごとく有機的に、ただ一つの統一の中に動いている。自然現象も、人間の事象も、一つの例外もない。その事のうつりかわりは、秩序整然として一糸の乱れもない。間に一本の毛を入れるすき間もない。無限の空間にひろがる横のつながりから、悠久の時間に続く縦のつながり、時空一貫の絶妙の調和、天地の進行には一秒の休息もない。
亡びると見えたのは、ただの姿の変化であり、衰えると見えたのは、栄えの前提であった。変化の貫く統一・差別そのままの平等、至公至平、動そのままの静。

8月9日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

統一の中にいる。

なんだか難しいことですが、何となくわかる気もします。

出会えるべき人には必ず逢えるし、思っていることの強さで実現度合もかわる。

亡びは変化の前段階。衰えは実は栄えの前提。

実際、中庸のなかでひとつのかけも許さない世の中なんでしょうね。

今のこの時間も絶妙、統一の中の単なる一つかもしれません。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください