継ぐべきを為す|1月31日のことです。

Release: 2019/01/31 Update: 2019/01/31
Pocket

継ぐべきを為す

業を創め統を垂るるには、継ぐべきを為すなり。(梁恵王下十四章)

ぎょうをはじめとうをたるるには、つぐべきをなすなり。(りょうのけいおうしもじゅうよんしょう)

【訳】
(君子たる者は)事業のもとを創って伝え残し、それを子孫が受け継ぐことができるようにしてやりさえすれば、それでいいのである。

1月31日、孟子一日一言の言葉です。

自分の生きている時のことだけを考えていてはいけませんね。

3年後、5年後、10年後。

そしてその先を考える大事なことです。

今も大事ですが、将来の元を作り出すということを一日の内で考えるべき時間が必要ですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください