罪・恥|7月21日のことです。

Release: 2018/07/21 Update: 2018/07/21
Pocket

罪・恥

位卑くして言高きは罪なり。人の本朝に立ち道行はざるは恥じなり。(万章下五章)

くらいひくしてげんたかきはつみなり。ひとのほんちょうにたちてみちおこなわざるははじなり。(ばんしょうしもごしょう)

【訳】
地位が低いのに、むやみに高位高官のような高言を口にするのは罪である。高位高官にありながら、一向に正しい道が行なわれないのは、責務を果たしていないというべきで、誠に恥ずべきことである。

〇松陰は、「罪は身の上の問題である。恥は心の問題である。身の上の罪は軽く、心の上の恥は重い」と記している。

偉そうな口を聞く人は罪。それは高位高官であっても罪だとも思います。

偉い地位の人ほど謙虚でいるべきですね。

志の低い政治家はいつもメディアで取り上げられています。

責任をまっとう出来るようにしていただきたいものです。

罪よりも恥を重んじる。

恥は心の問題。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください