罪ー小・大|9月21日のことです。

Release: 2018/09/23 Update: 2018/09/23
Pocket

罪ー小・大

君の悪を長ずるは罪小なり。君の悪を逢ふるは其の罪大なり。(告子下七章)

きみのあくをちょうずるはつみしょうなり。きみのあくをむかうるはそのつみだいなり。(こくししもななしょう)

【訳】
主君の悪事を諫めもでず、ますます増長させてしまうことは、家臣として罪であるが、其の罪はまだ軽い。主君をそそのかして悪事を行うように仕向けることに至っては、その罪は極めて重大である。

9月21日の孟子一日一言の言葉です。

これはたしかにそうです。

主君をそそのかす。

そういう家臣は過去にもたくさんいたと思います。

そしていずれは自分がその座にとって代わろうとするようなことが。

権力というのはおそろしいものです。

だめな主君というのもあると思いますが、やはり道理を理解することが大切ですね。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください