義ー長ずるもの・長とするもの|8月1日のことです。

Release: 2018/08/01 Update: 2018/08/01
Pocket

義ー長ずるもの・長とするもの

長ずるもの義か、之を長とするもの義か。(告子上四章)

ちょうずるものぎか、これをちょうとするものぎか。(こくしかみよんしょう)

【訳】
(孟子がいわれた)「(告子も、年長者を尊敬することは義というが)年長者が歳をとっているということが義なのか。それとも、年長者が歳をとっているから尊敬するという心が義なのか」と。

8月1日、孟子一日一言の言葉です。

歳をとれば全部が義。難しいことです。

時代もあるでしょう。

年上の人を尊敬し敬うことは義なんでしょうか。

どんな人でも歳上の人にはう敬う心が必要かもしれません。

というこは自分自身の心が義ということでしょうね。

先の時代を生きた人が今を作っているということを考えたときにはやはりそういう心を持ちたいものだなぁと思います。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください