習うとは|12月7日

Release: 2019/12/07 Update: 2019/12/07
Pocket

習うとは

努力とは、杭を打つようなものである。
同じ力で、同じま(間)でトン、トン、トンと打っていると、どんな土地にでも、どんな棒でも、ずっしりと土に食い入って、こんりざい動かなくなる。
まっすぐに、何も思わず、いつも同じに、力をつちにまかせて…。
そして一度打ち下ろしたつちは、もう力を入れることも圧えることもいらぬ。
けいこというのは、こすいて同じことをくり返すことである。
ならう(習)というのも、ねる(練)というのも、皆、反復である。

12月7日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

おはようございます。

反復することが大切。

一日に一回でもやれることがある。

昨日そう教えられまいた。

寝る前に先祖や親、たくさんのものに感謝しながら寝る。

ちょっとこれを実践してみようと思います。

食いこんで動かなくなるころには、ほんのちょっとの成長が得られるかもしれません。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください