能く士卒の耳目を愚して、これをして知ること無からしむ。(九地)|7月21日

Release: 2020/07/21 Update: 2020/07/21
Pocket

能く士卒の耳目を愚して、これをして知ること無からしむ。(九地)

能愚士卒之耳目、使之無知。(易其事、革其謀、使人無職。易其居、迂其途、使人不得慮。)

「兵士たちが判断に誤るようにさせ、将軍のなすことを兵が与り知らないようにさせる。(作戦方針、計画を変更しても、兵士に気づかれないようにする。居所や進路を変えても、兵士にわからないようにする)」
将たるものは、自分の意図をいちいち兵に知らせよけいな心配をさせるな、と教えている。
其のことを易え、其の謀を革めて、人をして識ることを無からしむ。其の居を易え、其の途を迂にして、人をして慮ることを得ざらしむ。

7月21日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

情報をしっかり確認し判断して周りに伝えなければいけませんね。

なんでもかんでも伝えるのはよろしくない。

時として良くない情報も良い情報のように伝え士気をあげるようなことも大事です。

基準を決めていくことも大事だと感じました。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください