良き友を持つ|7月18日のことです。

Release: 2018/07/18 Update: 2018/07/18
Pocket

良き友を持つ

世の中には、よく刻苦勉励する人のみが、終に、芸術最高の妙境に入り、幽玄絶妙の奥堂に至るものです。しかしその努力が、一時的で、間歇的であてはならぬのです。
しかしながら、私どものごとき凡人は、その不断の努力がなかなかむつかしいのです。ここに良友の励ましと、助言と、感化とが必要になってくるのです。忠告してくれる友も結構です。励ましてくれる書友も必要です。しかし最上の良友とは、自分自身が一貫不断の研鑽練磨を続けて、率先して範を示してくれる友なのです。

7月18日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

客観的に忠告してくれる友の話にはしっかりと耳を傾けなければいけませんね。

刻苦勉励(こっくべんれい)とはなんでしょうか。

心身を苦しめて仕事や勉学に励むこととあります。

その努力を常にできないのが人間でもあります。

だから良き友が必要。

共に学ぶ環境をつくり良き友をつくっていく努力も必要ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください