葵丘の会|9月20日のことです。

Release: 2018/09/23 Update: 2018/09/23
Pocket

葵丘の会

葵丘の会。(告子下七章)

ききゅうの会。(こくししもななしょう)

【訳】
(齊の桓公が盟主として諸侯を招集した)葵丘の会儀。

〇松陰は、「葵丘の会議における五ヶ条の盟約には、一つとして王事、すなわち臣下の天子に対する勤めに言及したものがない。豊臣秀吉が聚楽第の盟約第一条に天子の恩と王事のことをあげているのと対照的である。秀吉はまごころから皇室を奉じたものであった。ただ、学問がなかったことが惜しまれる」と記している。

9月20日の孟子一日一言です。

その時の秀吉は逆に無知で、人の話を聞ける人だったからできたようにも思います。

学問がなかったことが逆によかったかもしれませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください