薫風|6月1日のことです。

Release: 2019/06/01 Update: 2019/06/01
Pocket

薫風

郊外に出てみると、もうすっかり新緑だ、初夏だ。世はまっくら闇であるが、自然の、何という美しさだろう。何百年、何千年前の、そのままの草・木・鳥の声、人がどう変わろうと、少しも変わらぬ、動かぬ、昔のままの初夏のさみどり。我が森には今、若葉楓のそよぎの下かげに、山吹がさいている。かぼちゃの苗ものびた。ないものをたべようとするから、書がかけぬ。あるものをたべる、そこに食べ物は無限である。
この心で、ゆうゆうと筆をとろう。毎日毎日、明日も明後日も・・・・。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、6月1日の言葉です。

詩を書くことが毎日の日課。

毎日何か続けていく。

これはとても大事なことです。

詩を書くとか、歩くとか、ブログとか。

ふと何か気づくことがあります。

そういう瞬間が楽しいことでもあります。

今の言葉は今の心境の反映なんでしょうね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください