軍の擾(みだ)るるは、将の重からざるなり。(行軍)|5月4日

Release: 2020/05/04 Update: 2020/05/04
Pocket

軍の擾(みだ)るるは、将の重からざるなり。(行軍)

軍擾者、将不重也。

「軍に秩序がなく、統制を欠いて乱れているのは、指揮官が無能で威厳が備わっていない証拠である」
”将”とは将軍のこと。ここではその部隊の指揮官をさしている。
騒々しくて統制がとれていない部隊では、指揮官がダラシなく威厳もない。だから兵士が指揮官をこわがらず、勝手気ままな行動をとっている。
そいう部隊は、いざというときに統一のとれた行動ができず、敗れるものだ。

5月4日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

組織には決め事が大事なんでしょうね。

規則をしっかり作ることもリーダーの大事な役目。

それを守らせる。

早急に規則を作らなければなりません。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください