軽地には吾将にこれをして属せしめんとす。(九地)|7月30日

Release: 2020/07/30 Update: 2020/07/30
Pocket

軽地には吾将にこれをして属せしめんとす。(九地)

軽地吾将使之属。

「軽地では、兵士たちの心が軽々しくなっているので、わたしは全軍をよく把握して、兵士たちが上っ調子にならないように心掛ける。そのためには、各部隊間の連携を密接にしなければならない」
ここの軽地は、七月二十七日”入ること浅き者は軽地なり”と定義しており、敵の領土内での軽地は散地とほぼ同じ条件である。兵士の心が軽々しいので、指揮官はその兵士の心をよく掌握しなければならない。

7月30日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

軽地とは留まってはいけない場所。

敵国内の国境近くということで脱走が多い場所なんでしょうね。

それを軽々しいと表現しているのでしょう。

気を引き締めることが大切。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください