運命はみずから招く|4月2日のことです。

Release: 2018/04/02 Update: 2018/04/02
Pocket

人の一生は、運命という、どうすることも出来ない力で、きまった道筋を引きずられて行くものである、というように信じているものがある。しかし、いやしくも人の関係する仕事で、すておいて、手をこまぬいて、わきから見ていて出来る仕事がどこにあるだろうか。
天候に大部分の運命がかかったように見える農業や漁業でさえ、ほうっておいては田畑は草野となり、魚群はにげてしまう。
毅然と立って行えば運は開ける。ぐずぐずしておれば、その機会は去って二度とかえってこない。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、4月2日の言葉です。

自分の力でどうにでもできる。

すべては運命なのではく自分で選んできたことです。

これから先も自分で選んで生きていくんですから今できることをしっかりやるしかないですね。

しっかりと芯の強い人間になることが大切です。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください