道に当り仁に志さしむるのみ|9月23日のことです。

Release: 2018/09/23 Update: 2018/09/23
Pocket

道に当り仁に志さしむるのみ

君子の君に事ふるや、努めて其の君を引きて以て当り仁に志さしむるのみ。(告子下八章)

くんしのきみにつかうるや、つとめてそのきみをひきてもってみちにあたりじんにこころざさしむるのみ。(こくししもはっしょう)

【訳】
心ある立派な人が主君に仕える際には、つとめて主君を導いて、正しい道にかなうよう、また、主君が仁を目指すようにと専心務めることである。

9月23日、孟子一日一言の言葉です。

部下の心得というべきことでしょうね。

すべての主君、社長、上司、理事長、部長など上に立つ人がすべて素晴らしいわけではありませんね。

自分自身もいつどの立場になるかわかりませんね。

やはり部下になった時には正しい方向に向かうように努めなければなりません。

ものの道理としておかしいことはやっぱりおかしいのですからしっかりとそのことについては助言していくようにしたいと思います。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください