食事の前に一礼|11月4日

Release: 2019/11/04 Update: 2019/11/04
Pocket

食事の前に一礼

食事の意義の第一は、生命を保つ、肉体を養う、すなわち命の糧という点にありますので、ものを食べる時に、これを忘れてはなりません。ですから、一家が集まって食卓に向かう時には、皆がそろって、また、別々に、家に定まった作法にしたがって、敬虔な一礼をかわして後、食事を始めるのが普通であります。
どんなに忙しい時でも、また場所が食堂や居間でなく、車中とか、あるいは何かの片隅で弁当を食べる時でも、同じ心で一礼して食事を始めることが、これまでの私どもの習慣であります。

11月4日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

いただきます。

ちゃんと言っているか。

特に一人の時はちゃんと言っていないかもしれません。

こういう一つひとつが大事だとはわかっているのですが日々忘れがちです。

一日一日出来ることを増やしながら進んで行くしかありません。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください