食事の意義|2月15日のことです。

Release: 2018/02/15 Update: 2019/01/12
Pocket

昔から食卓は、一家だんらん、愛和の中心でありました。
食事を整える側の方々は、一度の料理がどのように大切なものであるか深く心にとめていただきたい。
心から御飯をたいて、最新の注意をして副食物を作るようになり、そのために、一家が急に明るくなったことや、事業が好転してきたという体験は、めずらしくありません。
それは、まことのこもった食事のために、しなびかかった生命が生き返ったからであります。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)、2月15日のことです。

家庭が基本は昨日もいっておられましたね。

すべての基本は家庭。

その根本は夫婦の仲であり、しいては食事ということなのでしょうね。

行動でしめさなければなりません。

忙しすぎるのはよくありませんね。

効率的にバランスをとりながら何事も行うことが大切ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください