馬を殺して肉食するは、軍の糧無きなり。(行軍)|5月7日

Release: 2020/05/07 Update: 2020/05/07
Pocket

馬を殺して肉食するは、軍の糧無きなり。(行軍)

殺馬肉食者、軍無糧也。

「軍馬を殺して食べているのは、兵糧が底をついている証拠である」
大切な軍馬まで殺して兵士が食べているとは、遂に食べるものがなく、よくよく兵糧が欠乏しているのであろう。
テキストによっては、この項と次を一緒にして”馬に粟(ぞく)して肉食し‥‥窮寇(きゅうこん)なり”と訓むものもある。
しかし、馬には兵の食物を食べさせ、兵にはその馬を食べさせるのはすこし無理な解釈であり、採らなかった。

5月7日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

馬というのはちょっと悲しい生物に感じますね。

ばんばの馬でも最後は馬肉になる。

きっと昔の開拓時代でも馬は最後には馬肉となっていったんだと思います。

ちょっと北の国からをみてそう思いました。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください