鳥の集まるは、虚しきなり。(行軍)|5月2日

Release: 2020/05/02 Update: 2020/05/02
Pocket

鳥の集まるは、虚しきなり。(行軍)

鳥集者、虚也。

「敵軍の上に鳥がむらがっているのは、陣を張っているように見せかけているが、実はすでに軍を引き払っており、そこには敵がいない証拠である」
”虚”とは中身がないこと。すなわち陣地内に人がいないことをさす。
人がたくさん集まり、武器を並べたり幟を立てていたりすると、鳥は恐れてやって来ない。だが、軍を撤退した後は、食物の落ちこぼれもあるし、人影が見えないので鳥が集まる。

5月2日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

注意深く観察する能力が必要ですね。

鳥一つとっても見逃さないでどうなっているかを観察する。

違う場所から攻撃してくるかもしれません。

とにかく注意深くしながらも大胆に。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください