人間の有限性

Release: 2022/08/04 Update: 2022/08/04
Pocket

人間の有限性

人間は生まれると同時に、自覚の始まるわけではない。それどころか、人間が真の自覚を発するのは、人生の三分の一どころか二分の一辺まで生きないと、できないことのようです。そしてここに、人間の根本的な有限性があるわけです。【134】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

自覚というものはなかなか生まれてきませんし、自覚してもまたもとに戻るものです。

なんとも愚かと思いますがそう簡単にいくわけはないのです。

自らが気づき、それを克服したものしか力にならない。

そういう意味では追い込まれるというのもいいものです。

しかし、人のせいにするような心持ちはよくありませんね。

なんどもなんども気づきますが戻る。

ゴムと一緒なんでしょうかね。

最大に引っ張っているうちに伸びてもとに戻らなくなる。

そうまでやらないと伸びきらないのかもしれませんね。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください