現実という絶壁に坑道を開く

Release: 2022/05/27 Update: 2022/05/27
Pocket

現実という絶壁に坑道を開く

人生の現実という絶壁に向かって、一つの坑道を切り開こうとする者は、単に世の中の外面上の地位の高下に目をうばわれて、登れたら一段でも上へ登ろうというような考えを、一擲しなければならない。【99】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

常に一段上にいきたいという欲求は本能的にあるのだと思います。

教授は横に坑道を切り開くこことの大事さ説いています。

どんなに学歴だとか地位だとかを目指してもそれが目的になってはいけないということでしょうか。

それはたしかにそうなんだと思います。

ものには役割がある。

それを鉱石に例えてわかりやすく説明していれています。

たしかに金や銀が価値が高いからといって包丁などには不向きです。

自分の役割は何か。それをしっかりと考えなければいけません。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください