真の誠

Release: 2022/09/22 Update: 2022/09/22
Pocket

真の誠

真の誠とは、その時その時の自己の「精一杯」を尽くしながら、しかも常にその足らざるを歎くものでなくてはならぬ。【250】

#修身教授録一日一言 #森信三 #毎日投稿 #日常 #毎日ブログ #毎日更新

誠というものを深く考えさせられる部分ですが、究極は仕事に一切を投げ出して努めるということでしょうね。

もうこれ以上尽くすことが出来ない状態まで努めるのが真の誠だと先生は言われていますがそう容易ではありませんね。

全充実の生活とは少しの余力も残さない己を尽くすこと。

綱渡りは渡った時に歓声を浴びるが途中経過に対しての歓声だと先生は言います。

人生もそのようなものなのでしょうね。

途中で歓声を浴びたとしても渡り切らないようでは問題が多い。

自分が死んでからが真の誠の人生を歩んだかどうかを決めるのでしょうね。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください