お家の芸|12月17日

Release: 2019/12/17 Update: 2019/12/17
Pocket

お家の芸

「お家の芸」という言葉には、限りない味がある。
自分ただ一人の創作ではない、その血にとけ、その肉にしみて、声となり技となって、伝えにつたえ、ねりにねったまことの集積、生命の結晶‥‥これが、「芸」である、「技」である。
そしてこの芸は、どんなとき最も高潮に達するのであるか。
師に没入し、芸にとけこんで、すべての己が無くなったとき、伝来の集積の芸が、美が、その総てに息づいて、宇宙を背景として、共にともに躍動するのである。

12月17日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

おはようございます。

何事も貫く誠が見えてくることが大切なんでしょうね。

この道を貫き通す人というのは美しいさがあります。

人の言葉で左右される人よりも打ち込んで行く人の方が素敵ですね。

残っていくものはそういうものしかないですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください