よいものは栄える|4月12日のことです。

Release: 2018/04/13 Update: 2018/04/13
Pocket

よいものは栄える

社会は一つのもの(全一統体)として、一つの目的(すすみ、栄え、太る)に進行をつづけて一日も一分も止みません。ですから、これに追いつて行くものは栄え、反抗するものはだめになるでしょう。
稲や麦でも、よい種類は栄える。商売にしても、うまい物・やすい物を売る商店が栄える。
この道理ははらの底から悟りきって、世のため人のために一円の金銭でも一枚の紙でも喜んで大切につかう人、これこそ金持ち心理に徹した人、おのずからにめぐまれ尊ばれる人であります。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、4月12日の言葉です。

まだ追いついていませんね。がんばります。

社会の順応していくことは生きていく上では当然のことです。

ものすごい速度とかいう表現もありますが今も昔の時間の速さは一緒でかわりませんね。

一分は一分ですし、一時間は一時間です。

今の状況に合わして仕事も生活も変えていかなければいけませんね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください