交地には吾将に其の守りを謹(つつし)まんとす。(九地)|8月1日

Release: 2020/08/01 Update: 2020/08/01
Pocket

交地には吾将に其の守りを謹(つつし)まんとす。(九地)

交地吾将謹其守。

「彼我両軍がまさに戦いを交えんとする交地においては、わたしは慎重に守りを固めなければならない」
交地というのは、敵の領土内にあってもなくても、敵味方ともに進攻可能な地域である。味方だけでなく、敵も来やすいのだから、占領したら、守備を固めなければならない。ここの”謹む”とは、慎重にして念を入れることである。守りを謹むのは、単に守備を固めるだけなく、次の攻撃へのためでもある。

8月1日、孫子・呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

しっかりと守備を固めなければなりませんね。

両軍が入りやすい場所。

守りを固めて次の攻撃に備えること。

先に占拠すれば有利になる場所ですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください