人の喜びはわが喜び|3月12日のことです。

Release: 2018/03/12 Update: 2018/08/19
Pocket

世に楽しみは多い。好きな物をたべる、美しい物を見る、よい着物をきる・・・・いろいろの喜びの中で、どれほどつづけるも、如何にひどくても、いよいよ高まり深まって行くのは、働きに伴う喜びである。
地味で素朴で尽きぬ喜びをわが喜びとする、その喜び、これこそ地上無比の喜びである。

3月12日、丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)の言葉です。

人の喜びが我が喜び。

自分のためにすることの喜びというのはたしかに喜び順位的には低いような気がします。

だれかが喜んでくれた時が一番かもしれません。

それが人間も本能的なことであれば一生懸命に働くしかありませんね。

充実した日々は日頃の働く次第ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください