株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2018/10/21 Update: 2018/10/21

人は裸で生まれた|10月21日のことです。

Pocket

人は裸で生まれた

経済がだめになったのも、よかろう。物は出来もするが、なくなりもする。もうけがあれば、損もする。
貧乏国になったなら、働き直せばよい。人ははだかで生まれた。
人口の多すぎることをなげく者が多い。一家中に人の増えることを悲しむ人がある。これは愚の骨頂である。
研究も、発明も、富を創りだすのも、人である。人がなくては、なにもできない。

10月21日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、

実際今の世の中は豊かになっているから人口の減少に悩んだりするんでしょうね。

丸山敏雄先生が生きた時代は敗戦後で人口がとても増えていた時代ですね。

実際貧乏な方が子供は増え、豊かな方が子供は減る。

そういうバランスなんでしょうね。

どっちの時代でも悩みは尽きないということですから、人は悩み考えることが本能ですね。

最後ははだかで生まれ、何も持って死ねないというとこに行きつきますがそれでも悩み考えることが大事ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください