仁とは人なり|12月6日のことです。

Release: 2018/12/06 Update: 2018/12/06
Pocket

仁とは人なり

仁とは人なり。合わせて之れを言へば道なり。(尽心下六章)

じんとはひとなり。あわせていえばみちなり。(じんしんしもじゅうろくしょう)

【訳】
仁とは人の人たる徳である。この人徳を行うのは人である。それで、仁の徳と人の身とを合わせていえば、道というのである。

12月6日、孟子一日一言の言葉です。

仁というのは人。たしかにその通りです。

これは本能が求めるものでありながら行うのは容易ではない。

人間の思考は自分勝手に向かうように自己防衛していきます。

人を思いやる気持ちを持ち続けることはある意味苦行ともいえる。

人間の心は非常に複雑なものです。

論語や孟子はこのことを2500年たっても教えてくれる。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください