仁義礼智―得・失|8月4日のことです。

Release: 2018/08/04 Update: 2018/08/04
Pocket

仁義礼智―得・失

仁義礼智は外より我れを鑠るに非ざるなり。我れ固より之れを有するなり、思はざるのみ。故に曰く、求むれば則ち之れを得、舎つれば則ち之れを失ふと。(告子上六章)

【訳】
仁義礼智という四つの徳は、外からもってきて、自分の心の表面飾り立てたものではない。もともと自分の心にある徳である。それなのに、人はぼんにゃりしていて、自覚していないだけである。だから自分から求めれば得られるが、放っておけば失ってしまうというのである。

8月4日、今日の孟子一日一言です。

いろんなことにぼんやりしているかもしれませんね。

自分のことこそ自分が一番わかっていないということがあります。

仁義礼智。

人が生まれながらにもっているもの。

これは人間に必要なものといことでしょうね。

集団で生活するのですから当然いえば当然です。

人を避けて生活することなどできませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください