凡そ先に戦地に処りて敵を待つ者は、佚(いっ)し、後れて戦地に処りて戦いに趨(おもむ)く者は、労す。|2月27日

Release: 2020/02/27 Update: 2020/03/01
Pocket

凡そ先に戦地に処りて敵を待つ者は、佚(いっ)し、後れて戦地に処りて戦いに趨(おもむ)く者は、労す。

凡先処戦地、而待敵者佚、後処戦地、而趨戦者労。(故善戦者、致人而不致於人。)

「そもそも、敵より先に戦場に到着し、戦闘準備して敵の来るのを待ちかまえていれば、余裕があり、これに対し、敵より遅れて戦場に着き、手ぐすね引いて待っている敵と戦う者は、苦しい戦いを強いられる。(だから、いくさ上手は、優位に立って相手をこちらに引き寄せるようにし、自分が引き寄せられる戦いは避ける)」
”佚”はゆとりがあること。”労”の反対。
かっこ内は、故に善く戦う者は、人を致して人に到されず。と訓ずる。

2月27日、孫子・呉子一日一言(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください