凡そ兵の用うるの法、将、命を君に受け、軍を合し衆を聚(あつ)め、圮地(ひち)には舎(やど)ること無く、(九変)|4月5日

Release: 2020/04/05 Update: 2020/04/05
Pocket

凡そ兵の用うるの法、将、命を君に受け、軍を合し衆を聚(あつ)め、圮地(ひち)には舎(やど)ること無く、(九変)

凡用兵之法、将受命於君、合軍聚衆、圮地無舎、(衢地交合。)

「そもそも、軍を運用する場合の法則としては、将軍は君主の命令を受けて部隊を編集して戦場に赴くが、戦場にあっては次のことに注意するべきことである。
①圮地(山林、険所、湿地帯など行軍の困難な地域)では野営しない。
②衢地(くち)「交通・軍事の要衝(ようしょう)での諸外国の勢力が浸透している地域」では、戦闘よりも外交交渉に力を入れる)」
かっこ内は、衢地には交わり合う。と訓ずる。

4月5日、孫子、呉子一日一話(兵法に学ぶ人と組織の動かし方365)の言葉です。

おはようございます。

具体的な言葉です。

行軍が困難な場所の方が安全みたいに思ってしまいますがそうではない。

衢地(くち)という言葉も初めてしりましたが交通の要所は注意が必要。

まだまだ具体的な作戦はつづきます。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください