召さざる所の臣あり|2月27日のことです。

Release: 2018/02/27 Update: 2018/02/27
Pocket

召さざる所の臣あり。(公孫丑下二章)

【訳】
(これから大きな功業を成し遂げようとする君主には)決して呼びつけにはしない家臣がいる。

〇松陰は、「劉備には(家臣であっても、自分より道徳的に優れているため)呼びつけにはしない家臣諸葛孔明がいた。君主はこうあるべきである」と記している。

孟子一日一言、2月27日今日の言葉です。

自分の方が立場が上の場合でも教えをこう姿勢は大切ですね。

そうでなければ自分勝手にものごとをすべてやってしまい良い結果につながりません。

会社経営も諸葛亮孔明のような参謀がいれば発展していきますね。

業績のいい会社は何か違う。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください