株式会社 ニムリス|名入れカレンダーとポータルサイトの運営
たのしいLifeを・・・
Release: 2018/10/18 Update: 2018/10/18

君子―化・神|10月18日のことです。

Pocket

君子―化・神

君子の過ぐる所のもは化し、存する所のものは神なり。(尽心上十三章)

すんしのすぐるところのものはかし、そんするところのものはしんなり。(じんしんかみじゅうさんしょう)

【訳】
心ある立派な人が通り過ぎると、人民は皆その徳に感化される。心ある立派な人が住むところは、その徳で人民は感化され、その様子はまるで神様のようだ。

[川口註ー原文とした『講孟箚記』(山口県教育会編『吉田松陰全集三』大和書房、昭和四十七年)において引用されている『集註孟子』には存する所のものは神とあるが、ここでは『神なり』とした。]

10月18日、孟子一日一言の言葉です。

徳のある人という視点でも人を見てみようと思いました。

普段の何気ないことからどう感じるかということが大事ですね。

自然と人が集まるようにするためには心をどのように保つかが大事ですね。

今日も一日がんばります。




コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください