君子の徳は風なり|3月12日のことです。

Release: 2018/03/12 Update: 2018/03/12
Pocket

上、好む者あれば、下、必ずこれより甚しき者あり。君子の徳は風なり、小人の徳は草なり、草は之れに風を尚ふれば必ず偃す。(滕文公上首章)

かみ、このむものあれば、しも、かならずこれよりはなはだしきものあり。くんしのとくはかぜなり、しょうじんのとくはくさなり、くさはこれにかぜをくわうればかならずふくす。(とうぶんこうじょうしゅしょう)

【訳】
全ての上に立つ者が事を好むと、下の者は必ずこれに輪をかけて好むようになるものである。たとえていえば、上に立つ君子は徳は風のようなものであり、下にいる人民は草のようなものである。草が風になびくように、どのようにでも感化される。

孟子一日一言、3月12日の言葉です。

国で言えば政治の中枢と国民。

会社で言えば社長と社員。

学校で言えば校長と職員。さらに生徒。

上の風次第で変わるというのはたしかにそうです。

たくさんの決定権を上はもっていますし、下はなびくのは当然のことです。

責任がありますね。

人に指示する立場になると。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください