喜びの効用|7月5日のことです。

Release: 2018/07/06 Update: 2018/07/06
Pocket

喜びの効用

よくなりかけると、とんとん拍子によくなり、下り坂に向かうと、一足飛びに下る。
なぜ、そうなるのか、それは、人間にかかわりあることは、「心が先行する」からである。
「喜ぶ」ということは、目の前に起こった事に対して、明るい心の光を投げかけることである。出会ったものに、暖かい心のうるおいを注ぎかける事である。
暖かい光と豊かなうるおいとに合えば、しなびかかった物もびんと生き返る。

7月5日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

一日のスタートに失敗するということがあります。

なんだかもやもや過ごすことにはなりますね。

物事は心が先行するというのはそうだと思います。

スポーツだって仕事だってやるぞ、勝つぞという心がなければ達成できない。

ただ、漠然とやるのではまったく違う出来栄えになります。

喜ぶもまったく一緒なんだと思いました。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください