声聞情に過ぐるは、君子之れを恥づ|6月2日のことです。

Release: 2018/06/02 Update: 2018/06/02
Pocket

声聞情に過ぐるは、君子之れを恥づ

声聞情に過ぐるは、君子之れを恥づ(離婁下十八章)

せいぶんじょうにすぐるは、くんしこれをはづ。(りろうしもじゅうはちしょう)

【訳】
心ある立派な人は、実力以上の空評判を恥じるものである。

孟子一日一言、6月2日の言葉です。

実力以上の評価は困りますね。

過大評価は恥ずかしいものです。

すぐに化けの皮がはがれるますから。

しかし、実力は常にあげていく努力はしなければなりませんね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください