大自然を味わう|1月25日のことです。

Release: 2018/01/25 Update: 2019/01/12
Pocket

人の世のすべては、自分の鏡であり、さらに草木も、鳥獣も、自然の動きも皆、わが鏡であることが判ってくる。
作物も、家畜も、わが心の生活をかえれば、その通りに変わっていゆく。
私をとりまく大自然は、ただわが鏡というそれだけではない。求めれば、何事でも教えてくれないものはない、無上のわが師である。万象は真理の顕現であり、芸術は開花である。目を開いてこれを見、口をすすいでこれを味わい、心を空にしてこれに対するとき、興味津々、地上は喜びの楽土と変わってくる。

丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)1月25日の今日の言葉です。

万象我師

人は鏡、万象はわが師のところですね。

自分が変わるしかないんです。

相手は変わらることはないんです。

朗らかに笑顔で過ごせばまわりもそうなっていくということですね。

しかめっ面ではたのしくありませんね。

今日一日朗らかに安らかに進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください