子供の耳|10月7日のことです

Release: 2019/10/07 Update: 2019/10/07
Pocket

子供の耳

子供の物の聞き方こそは、そのままほんとうの物の聞き方である。舌切り雀も桃太郎もただそのままに、真実の話だと信じ切って聞く。ここに正直な、聡明なよい日本国民が出来上がるのである。
我情をさし挟んで聞いたことは、入るが穴がゆがんでいるので、出る時もなかなか出にくい。記憶が悪いのは心がねじけている証拠である。
清き耳―これは子供の耳である。

10月7日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

素直さがたりないんでしょうね。

私情を常に挟みながら人の話も聞き、本も読んでいるのでしょうね。

まったく困ったものです。

自分の私情を捨て何も考えずに聞く。

これが大事なことなのでしょうね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください