宇宙とつながる「息」|3月15日のことです。

Release: 2018/03/15 Update: 2018/03/15
Pocket

母親の胎内に十カ月のやすらぎの成長を遂げると、呱々の声と共に、外界に生まれ出てくる。
その時、肉体は別になるが、呼吸のリズムは、母親と同じ調子に、ちょうど時計のネジをかえられたようにキチキチと同じセコンドをきざむ。一生を終わるまで・・・。
いきは、親子がつながる糸であるだけでなく、宇宙に生命と直接つながる無形の糸である。

3月15日、丸山敏雄一日一話(幸せになるための366話)の言葉です。

母親と同じ呼吸のタイミングなんですね。

そう考えるといかに切っても切れないものが生涯にわたりあるんだとつくづく感じます。

すぐに当たりまえのように生きているように感じますがそうではありませんね。

感謝の力足りないんでしょうね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください