山径の蹊間―用ふれば路を成す|12月10日のことです。

Release: 2018/12/10 Update: 2018/12/10
Pocket

山径の蹊間―用ふれば路を成す

山径の蹊間は介然之れを用ふれば路を成す。為間も用ひざれば則ち茅之を塞ぐ。今は茅、子の心塞げりと。(尽心下二十一章)

さんけいのけいかんはしばらくこれをもちうればみちをなす。しばらくもちいざればすなわちこちぼうこれをふさぐ。いまはぼう、このこころをふさげりと。(じんしんしもにじゅういちしょう)

【訳】
山の小路は、しばらく人が通れば、やがて道らしい道となる。しかし、しばらく通らないと、雑草が生い茂って塞いでしまう。(それと同じで)お前も(ここしばらく学問を怠けていたので)今ではもう雑草が心を塞いでしまっているぞ。

12月10日の孟子一日一言の言葉です。

すぐに結果を求めてはいけませんね。

続けても続けても結果は出ないこともあります。

しかし、学ぶことを忘れてはいけません。

雑草は生命力が強いのですぐに生えます。

少しずつ小路ができるように続けるしかありません。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください