巧ならしむること能はず|11月26日のことです。

Release: 2018/11/26 Update: 2018/11/26
Pocket

巧ならしむること能はず

梓匠輪輿は能く人に規矩を与ふるも、人をして巧ならしむること能はず。(尽心下五章)

ししょうりんよはよくひとにきくをあたうるも、ひとをしてたくみならしむることあたわず。(じんしんしもごしょう)

【訳】
建具屋・大工・車輪工・車台工などの親方は、人にコンパスや定規の使い方は上手に教えることができる。しかし、その人の腕を(望みどおりに)上達させることはできない。

〇松陰は、「忠義仁義の教えは経書に記されている。しかし、その精神を実践し、体得するということは、本人自身の問題、つまり、本人の素質と努力による」と記している。

教えるということはこういうことですね。

どんなに丁寧に仕事を教えても、勉強を教えても本人のやる気がなければどうにもなりませんね。

そこをどうやって変えていくか。

難しい問題です。

やってみて、言って聞かせてさせてみて、誉めてやらねば人は動かじ。

ということですね。

今日も一日がんばります。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください