心のスイッチ|5月8日のことです。

Release: 2019/05/08 Update: 2019/05/08
Pocket

心のスイッチ

自分の物と思いこんでいた肉体は我が体ではなかった、偉大極まりもない大自然の生んだ命であった。
ここに気がついて、一切の気がかりをすっぱり投げ捨てた時、自己の存在が実になる。
命が自覚し、すなわち本体と相通じて一つになる。
この時、生命力、我が命の生きる力のことごとくが、在りのままに働き出す。

丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、5月8日の言葉です。

大きなくくりで言えば自分のものなどないかもしれませんね。

たまたま、地球、そして日本に生まれたから当たり前に生きている。

これが違う形であれば命そのものがないかもしれない。

そう思えば小さいことにも感謝しかありませんね。

やれることしっかりとやるしかありませんね。

今日も一日がんばります

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください