心は大宇宙に住む|6月17日のことです。

Release: 2018/06/17 Update: 2018/06/17
Pocket

心は大宇宙に住む

体がどんな境遇にあろうと、職業にあろうと、精神は自在である。
この境地を悟るために、修行者はわざと苦難に突入した。
哲人・ディオゲネスは樽の中にいてアレキサンダーに会った。
青年諸君、何をぐずぐず自ら自分の境遇に囚われになっているのか。
精神の自立ということを味わえ。そして、にっこりと笑って君の環境を客観せよ。
心は大宇宙に住んでも、だれも文句の言い手はない。

6月17日、丸山敏雄一日一話幸せになるための366話、今日の言葉です。

人それぞれ沢山の境遇があります。

豊かな人から生まれた人、貧乏な人から生まれた人、それぞれ境遇は違います。

生涯がある人、ない人。またこれも境遇です。

考え方の世界は本当に自由です。

自分の頭の中の世界をまた違う自分がみているような感覚が必要です。

客観視とはそんな感覚でしょうか。

”夜と霧”を思いだしました。

自分を客観視していくことが大事ですね。

今日一日朗らかに安らかに喜んで進んで働きます。

HOME


関連コンテンツ


コメントはお気軽にどうぞ

メールアドレスは公開されません。
また、* が付いている欄は必須項目ですので、必ずご記入をお願いします。

内容に問題なければ、下記の「コメントを送信する」ボタンを押してください。

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください